読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんてぐらるのくらしごと

東北で田舎暮らしをしている、ワーキングマザーのワーク・ライフバランスな日々。メンタルヘルスに関する記事も。

胃腸の不調、その正体

ココロの健康・カラダの健康

もともと胃腸は強くなかったんですが、昨夏あたりからお腹の調子がよくなかったんですよ。

朝食はずっとパンな我が家。もともと、叔父がパン屋だったのと、10歳の頃に父がホームベーカリーを買って来たこともあり、うちにパン文化は深く根づいてるんですね。
コストコ行くと、絶対パン買う。

そんな私が、秋頃から午前中ふらふらするようになりました。
お腹すくのも早い気が…これはひょっとして、腹持ち悪い?
ということで、ご飯食に変えたんです。
その頃から、胃部膨満感っていうんですかね。胃から気体が上がってくるんです。おくび、げっぷってやつですね。
年明けには、途中でご飯が食べられない勢い。
相変わらず、お腹を壊すことも多く、間隔も月イチから週イチに。
これはおかしい……。

で、今日、病院に行きました。
主治医「感染性胃腸炎ですね」
私「え、でも、ずっとこんな調子なんですけど…」
主治医「インフルエンザより患者が多い状況だからね、どこにでも菌いるから。もう、そこらじゅうに。この白血球の量は普通じゃないよ、細菌と戦ってるよ」

あ。
12月頭の健康診断でも、正常の範囲内だけど、例年より白血球めちゃめちゃ多かった…。

つまるところ、
感染した→症状出た→弱ってるうちにまた感染した→症状出た(ループ)
これを夏からずっとやってたってこと?

主治医「本当に熱出てない?」
出てない。
ひょっとして私、胃腸弱いんじゃなくてそこそこ強いのかも…。

ちなみに、家族は誰もかかってません。
外出時も消毒液持って歩いてるんだけどねぇ。何で私だけかかってるのか。

が、頑張って薬飲みますー。すごい量だなこりゃ。