読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんてぐらるのくらしごと

東北で田舎暮らしをしている、ワーキングマザーのワーク・ライフバランスな日々。メンタルヘルスに関する記事も。

学芸会に向けて、うちのオンドゥル王子の滑舌をなんとかする

今週末、息子の小学校で学芸会です。
息子の学年は(1学年1クラスです)宮沢賢治作品のオムニバス的な演劇をするとか。

毎年問題なのは、うちの子、滑舌悪いし声がこもるの。早い話が、何言ってるか分からない。
特撮クラスタ風に言うと、オンドゥル王子です。

※注:オンドゥル王子とは。仮面ライダーブレイドという作品で、主役が第1話にて「橘さん、本当に裏切ったんですか!」というセリフが、あまりの滑舌の悪さに「ダジバナザン、オンドゥルウラギッタンデスカー」と聞こえたところからついたあだ名。当時、ファンサイトで普通のセリフを入力するとオンドゥル語で返してくれるコンバータまで出た。
ま、メインの役者さんは、だいたい滑舌悪い作品だったんですけどね。

閑話休題

で、その息子の口元を観察してると、どうやらラ行言う時に、下顎全体に舌がびろーんと乗ってしまうみたい。
これ、多分遺伝。
私も子供の頃、舌が長くて下顎を押してしまい、そのせいか? 10代後半から顎変形症になって、20代で手術したのでした。下顎をぶっつり切って後ろに詰めたの。
でも、舌って筋肉だから、癖のつけようである程度どうにかなる。
息子には、舌を細くして後ろに引く練習を、気付いた時にするように指導しました。私も、手術後心がけていたこと。
2日経ったところで、発音チェック。

思ったよりいい。全然いい!

次の課題はナ行。鼻に抜けないので、母音しか聞こえない。ハミングをさせてみています。

さあ、学芸会に間に合うか? そして、声を前に出すことと、発音改善を両立できるか?
残り4日です。ウソダドンドコドーン、という結果になりませんよう…親子で頑張る。

あ、声を前に出すには、バスケットボールなどを両手で前に投げながら発声練習をするといいそうです。