読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんてぐらるのくらしごと

東北で田舎暮らしをしている、ワーキングマザーのワーク・ライフバランスな日々。メンタルヘルスに関する記事も。

炎色反応に癒される〜iOSアプリ「BEAKER」

子供の夏休みが、明日で終わりです!

ここは「夏休みが1ヶ月以上、冬休みが2週間の地域」とその逆の地域の境目です。
東京より、1週間程度夏休みが短い。でも冬休みが一緒。ずっと納得いかないんですが、それはまあいいとして。

自由研究が終わった後、こんなアプリを見つけて、歯嚙みしています。

THIX「BEAKER by THIX」
https://appsto.re/jp/VRYs5.i

IPhoneiPadをビーカー代わりに、化学実験のシミュレーションができる、秀逸な無料アプリです(一部課金あり)。
子供は適当に複数の物質をつっこんで、加熱して、爆発させて遊んでます(笑)

ところで、これ、炎色反応も見られるんですよ!
炎色反応とは、いわゆる花火の色の素。加熱すると色のついた炎が出る物質があるんです。

写真はリチウムの炎色反応。ちょっと小さいですが…

やり方は、物質を選ぶ→バーナーで熱する(この段階で光が出るものもあり)→マッチを擦って近づける→炎の色が変わる
オススメの物質は、リチウム、ナトリウム、カリウム、カルシウム、銅など。
で、これが…癒やされるのは私だけ? ろうそくの灯りのようでもあり、バクハツのロマンを満喫できたり!
あ、アルミニウムを加熱する時のテルミット反応もよい。

学生の頃、鋼材をグラインダーで削って、飛び散る火花の色と形で含有物質を特定する、という実験をしましてね。その名も、火花試験というのですが。
タングステンの「白ひげつきやり」という形状を実際見られた時は、ちょっと感動しました。

むしろ植物より、金属の方が癒やされるかもしれない、工業系女子…
他にいませんかね!?