読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんてぐらるのくらしごと

東北で田舎暮らしをしている、ワーキングマザーのワーク・ライフバランスな日々。メンタルヘルスに関する記事も。

敏感肌の手作り化粧水

スキンケア・ヘアケア

敏感肌、というのでしょうか。時々肌荒れを起こします。
原因ははっきりしています。春は花粉。そして、「潤い系化粧水」です。
あの、しっとり感の元になる何かが、かゆみを引き起こすのです。
1日がかりで組み立て式物置を解体した後、ほこりだらけの顔じゅうに湿疹が! 原因はほこりか!? と思ったら、作業前に母に借りてつけた潤い系化粧水でした。
手作り化粧水ならば! と、はちみつ化粧水も自作したのですが、やっぱりダメ。

顔がかゆくならない化粧水に出会う

市販の化粧水で合うものもあるのですが、成分欄を見ると化学物質がいっぱい…
何がアレルゲンになるか分からないので、敬遠気味です。
目下のお気に入りは、この本に紹介されていた手作り化粧水レシピ。

浄水した水100mlに小さじ1/2〜2杯のグリセリン、耳かき1杯のクエン酸を混ぜる。以上。
雑菌が繁殖するので、瓶はガラス製を使用して煮沸消毒し、1週間以内に使い切るべし。
手作り化粧水と言えば精製水を使用するものをよく目にしますが、精製水も開封すると雑菌が繁殖するんだそう。
私は本のレシピに、ラベンダーかゼラニウム精油を3滴くらい垂らして使っています。
原価が安いので、身体にもバシャバシャ使えますね。基本、お風呂で使っている水と出処は一緒なので、アレルギーに関しては安心です。

ちなみにこの本を書かれたのは、岩手の皮膚科の女医さんです。
ご自身もニキビなどに悩まれ、試行錯誤した内容を紹介されています。
時々クリニックの前を車で通りますが、混んでますね〜。

他にも、オイルの選び方や洗髪の仕方なども実践しています。これはまた、別の記事にて。